スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【好きなモノ(マンガ)】 うしおととら ~一人と1匹の奇妙なえにし~ 

昨日はブログの更新をお休みしました。
理由は…新たな試みのための下準備をしてました。
(↑毎日書くのがキビしくなったわけではありませんよ、たぶんw)


自分のいろんな好きなモノ・コトについていろいろ書いていくつもりのこのブログ、
今のところオンラインゲームとパチスロと人について書いてきましたが
そろそろマンガの方も触れたいな~なんて思いまして、どんな感じにしようか
また何を取り上げるか考えていました。

まずは、一応ルールみたいなものを。


・ストーリーの区切り:1(短編がメイン)~5(長編がメイン)
基本的にこのブログで取り上げるマンガ・アニメ・映画などは完結しているものを対象にしますが、マンガによっては区切りが1話完結のものや、単行本5冊ぐらいで区切りなものもあります。
そういったところを示す要素です。

・キャラクターの濃さ:1(薄い)~5(濃い)
異能力者が出てくる漫画もあれば、市井の人々に焦点を当てたマンガもあります。
性格的に個性的なキャラクターもいますし、そうじゃないキャラクターが出てくることが多い作品もあります。
その度合いを示す要素です。

・画像:1(万人受けしなさそう)~5(万人受けしそう)
作者によって特徴的な画像。作品のターゲットが広そうならば5に近く、ちょっと人を選びそうな絵なら1に近くなります。

※よって、以上3つは単純に数字が高ければ高いほどオススメ
 というわけではございませんのでご注意ください。


・オーラ:ストーリー・キャラクター・画力の他に構成、セリフなど
     その作品から伝わってくるパワー。
     1から5までで コレはシンプルに高ければ高いほどOKです。

・総合評価:作品すべての要素と個人的な好みをミックスしての評価です。
      10点満点で小数点第一位まで。

こんな形で紹介していきますが、以降変わるかもしれません。
よろしくお願いいたします。ご意見・ご感想どしどしください。



さて一回目は…「うしおととら」です。
この作品、前々から見たいと思っていましたがなかなか機会がなく、
先日友人から一気に全巻借りたので読みました。

うしおととらについて

作者:藤田和日郎
連載誌:週刊少年サンデー
連載期間1990~1996

単行本:少年サンデーコミックス 全33巻+外伝1巻
    ワイド版 全18巻
    小学館文庫 全19巻

主なストーリー:

寺に住む少年・蒼月潮(あおつき うしお)は自宅の蔵の中で
たまたま、一本の槍に縫いとめられていた妖怪を解放してしまう。
うしおが「とら」と名づけたその妖怪は、500年前・世の中に恐怖を振りまいていた
大妖怪だった。そしてとらを縫い留めていた槍は、妖怪を滅ぼすためだけに作られた
意思を持つ「獣の槍」。獣の槍に選ばれたうしおは、とらと共に
様々な妖怪との戦いを繰り広げていく。

【中古】少年コミック ランクB)うしおととら 全33巻 外伝1巻セット / 藤田和日郎【マラソン201207_趣味】【マラソン1207P10】【画】【中古】afb 【ブックス0621】

価格:4,680円
(2012/7/12 17:06時点)
感想(0件)




【新品】【漫画】うしおととら [1~19巻 全巻] 文庫版 (著)藤田和日郎-全巻読破.COM漫画全巻大人買い専門店-【マラソン201207_趣味】

価格:11,970円
(2012/7/12 17:09時点)
感想(0件)





なお、小説版・OVA版も発売されていますが、俺はまだ見ていないので
ここでは本編のみの評価とさせていただきます。



では行きましょう。

・ストーリーの区切り 3
ストーリーの区切り方が内容によって変化しますので調度真ん中の評価で。

・キャラクターの濃さ 4
人間や妖(あやかし)など、種族も国籍も性格も様々なキャラが出てきます。
それぞれのキャラの性格もわかりやすく、まっすぐ感情移入できるのではないかと。
ちなみに…俺の好きなキャラは井上真由子ととらですw
うしおはちょっとまっすぐ過ぎるんだよなあ…^^;

・画像 2
若干のクセがあるかな? 基本的に少年マンガらしい絵柄ですがイヤな顔はとことんイヤに描くなあと思いました。

・オーラ 4.5
感情を表に出しまくりのうしおと、大ゴマ・見開きを派手に使い読み手に与えるインパクトは大きかったです。
少年マンガ特有の、いわゆる「王道のアツさ」を感じられます。

総合評価 8
藤田和日郎さんのマンガは初めて読みました。お名前は存じていたもののなかなか機会がなくて…
今回読めて良かったと思います。


物語中盤から名前が出てくる「白面の者」。こいつのエネルギーは「恐怖心」。
対するうしおととらは妖怪退治をしていくうちに「希望」の担い手となっていくわけですが、この恐怖と希望の対比がうまく描かれているなと思いました。


また、「白面の者」はいろんな手を尽くして獣の槍の伝承者・うしおを追い詰めていくところや、いくつもの点となっていたちょっとしたストーリーを、一つの線に纏め上げていく構成力。「やられたな~」という感じですね。最後まで一気に読めました。


あとひとつ個人的に、妖怪が出てくるマンガは多数ありますが
人間から積極的に妖怪に接していくマンガは珍しいなと感じました。




しいて言えば、最終話はあと数ページあったほうが・・・なあ・・・と。
最後のページまでの展開がちょっと速かったかなと思います。
なのでトータルで見て この点数です。

最近元気がない、燃える何かが足りないという方にオススメかな。
ということで今回は、「うしおととら」についてでした。



そういえば…燃えるマンガ家といえば島本和彦さんが有名ですが 
藤田さんとの交友も深く、とあるマンガの主人公とライバル、
炎尾燃と冨士鷹ジュビロ(←ふじたかじゅびろ つまり…)のやり取りは
爆笑モノwww 
お互いマンガへ懸ける魂は同じだなあと感じました。


スポンサーサイト
プロフィール
Author:秋月 時影

秋月 時影



一度自分にリセットを掛けたんですが、どうやら俺の根底にあったのはプロレスとジョジョだったようです。
その他の趣味は…今見つけてる所です。詳しくは@AkidukiJieiまで。

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
Archiveα+Daycount
カテゴリーメニュー
カウンター
相互リンク
最新記事
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

※ このブログにおけるすべてのゲームに関しての著作権は、各メーカー・運営元・開発元へ帰属します。


・PCゲーム


黒い砂漠

http://blackdesert.pmang.jp/

©PearlAbyss Corp. All Rights Reserved. ©GameOn Co., Ltd. All Rights Reserved.


LORD of VERMILION ARENA

http://lova.jp/member/

© 2014-2015 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.


C9(Continent of the Ninth)

http://c9.pmang.jp/

(ゲームオン公式サイト)

http://c9.hangame.co.jp/

(ハンゲーム公式サイト)

(c) WEBZEN, Inc. All Rights Reserved. Licensed to (c) GameOn Co., Ltd.

© NHN PlayArt Corp.


サミー777タウン

http://www.777town.net/

© 2005-2015 Sammy Networks Co., Ltd. All Rights Reserved.


大航海時代 Online

http://www.gamecity.ne.jp/dol/

(C)コーエーテクモゲームス All rights reserved.


カオスヒーローズオンライン

http://jp.chaosheroesonline.com

(C)NEOACT CO., LTD. All Rights Reserved. Published by SESISOFT


※2015/5/27までは株式会社セガゲームスが運営。


Saints Row 2

http://www.saintsrow.com/

(C)2008 THQ Inc. Developed by Volition, Inc. Saints Row 2, Volition, Inc., THQ and their respective logos are trademarks and/or registered trademarks of THQ Inc. All Rights Reserved.


Saints Row: The Third

http://www.saintsrow.com/

(C)2011 THQ Inc. Developed by Volition, Inc. THQ, Saints Row: The Third, Volition, Inc. and their respective logos are trademarks and/or registered trademarks of THQ Inc. All Rights Reserved. All other trademarks, logos and copyrights are property of their respective owners.


・コンシューマーゲーム


サカつく プロサッカークラブをつくろう!

http://www.sakatsuku.com/2013/

©SEGA LICENSED BY J.LEAGUE Stats Stadium The use of images and names of the football players in this game is under license from FIFPro Commercial Enterprises BV. FIFPro is a registered trademark of FIFPro Commercial Enterprises BV.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
QRコード
QR
最新トラックバック
ルミガンって美容液? 無料サンプル、ブログライター、ブログで口コミプロモーションならレビューブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。