スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【黒い砂漠】 ご無沙汰だったけど6月中旬~下旬のまとめ(後半)

6月17日のメンテナンスの時に、占領戦についてのアナウンスが発表されました。

占領戦に関するご案内

http://blackdesert.pmang.jp/notices/106


前回の占領戦の時に多くの意見が発せられたことから、運営側がアンケートを実施し、意見を吸い寄せ、開発側と調整を行ったことの報告でした。非常に長文なので全文をSSで掲載することは省略しますが、内容をいくつか抜粋します。

まず、ラグについての見解としては、今後も改善していくけども、プレイヤー側でも画面の設定を落として協力してくださいとのことでした。

まあ、画質を変えて動きが変わるのは確かに実感ありますけど、以前の占領戦の時はあまりにも巻き戻り現象が多すぎましたね。まるで階段を登ったはずなのに降りていた某フランス紳士のように、前に進んだと思ったら進んでいなかったという現象が多発しました。ここまでいくともはや個人のPCスペックの問題と一言で片付けられないと思いましたね。
ただでさえコンセプトがひとつのオープンワールドということで今後サーバーを統合するならなおのこと、プレイヤーに依存するだけではなく単純にサーバーを強化していただきたいと強く願うところです。

もう一つ、占領戦のレギュレーションがすでに韓国と同様の仕様になっていたので若干緩和するという点。

【変更1】大砲がキャラクターへ与えるダメージを軽減
【変更2】城砦/指揮所の破壊は大砲とキャラクターの攻撃が一定値必要とする
【変更3】城砦/指揮所の耐久力を軽減
【変更4】味方が作成したバリケードは攻撃非対象とし、設置ユーザーのみ削除できる
【変更5】バリケードは城砦/指揮所周辺のみ設置可能とする
【変更6】バリケードは開戦までギルド外のユーザーに見えないようにする
【変更7】大砲で攻撃した際、大砲が後退しないようにする
【変更8】PvPエリア侵入時、キャラクター周辺に一定時間輪が表示される
【変更9】味方・敵のキャラクターが異なる表示となる
【変更10】開戦後、城砦/指揮所の建設が完成できないようにする


半分ぐらいは直して当然、というか韓国だと今でも占領戦中に途中参戦できんのかよ? って思いますが、大砲のキャラへの攻撃威力軽減とか、城砦の耐久力の軽減とか、大砲で削った後のとどめはキャラの攻撃のみとか言うのは…う~む……………。

占領戦に参加していない立場からあれこれ言うのは無責任ではありますが…高難易度コンテンツだから攻略のしがいがあるんであって、あんま難易度下げすぎるのは飽きられるんじゃないかな…?
あと、大砲の威力が強力だから城砦の耐久力を減らせるんであって、人へのダメージがさほどでもない大砲で城砦が削られるというのもおかしな話かなー…。
さらに、トドメはキャラの攻撃でっていうとかえって終盤はダンゴ状態になって長引く事態にならないか…? とね。勝手な立場でいろいろと感じました。

さらにもう一つ。重要な変更点が。

占領戦の時間


いや、あのー……(汗)。確かに前回の時は2時間だとケリつかないよなぁとか思ったし、実際俺以外のプレイヤーさんも短すぎると思ったんだろうけど…長すぎるわwww 
途中で疲れて止めちまうぞこれ。



と、いうことで。


確かに俺は以前もこのブログで書いたようにまだギルドにも入ってねえしそれほどMO・MMOにおけるPVPは興味ないけども、黒い砂漠における占領戦は一種のお祭りみたいなもんだと思ってますので…


今回も遊びに行ってきました。労働者も農園も前日までに調整しておいて。

それにしても今回は…

sennshi01.jpg

sennshi02.jpg

まぁ……よく死んだわw カンが良かったのか何箇所も拠点を見つけることが出来ましたね。

でも中には「そこかよ?!」と言いたくなるようなところに拠点を構えていたギルドさんもいらっしゃってね。隠すつもりがないというか、ハナから通りがかりのプレイヤーへの無差別テロが目的だったのか…? でも、事前に1chでやるって言ってたことなんでね。占領戦時はこういったぶっちゃけた遊び方もアリっちゃアリだけど。

ラグに関しては、巻き戻り現象が一度も起こらず軽減された気がしましたが、逆にいきなり通信が切断されることが一度ほど。サーバーの増強に関してはまだまだ頑張っていただきたいところではあります。



そして、結果どうなったかというと…

バレノスセレンディアカルフェオン

Vサーバーの占領戦はバレノス自治領は「Enjambre」、セレンディア自治領は「EinPhilia」、カルフェオン直轄領は「Nemesis」が占領することになりました(※以降もギルド名は敬称略で書きます)。

各地域を占領されたギルドの皆様。おめでとうございます。長丁場本当にお疲れ様でした。

正直俺なんて最初の2・3時間はいろんなところぐるぐる回ってましたが、日付が変わったあたりからはもう動きまわるのをやめて、闇討ちされる可能性があるのにもかかわらず農園の近くにいるっていうね…w 結局7時間ぐらい戦っていたことになるのかな? 大航海時代オンラインの大海戦なんて3時間だからその2倍強ですよ。

まず最初にセレンディアが決まり、バレノスが決まり…ってところまでは確か日付の変わる前だったかな? そこから最激戦地のカルフェオンでの争いが激化したんですよね。

ただ、今回実は…「Nemesis」が他ギルドを完全に殲滅したわけではなかったんです。むしろ拠点の耐久度は…

結果01
結果02

「親桜会」が20.8%・「Nemesis」が11.2%でトップではないんです。

なのに領主として選ばれた。何故か?

他の敗戦したギルドの思惑とかいろいろとあったんでしょうけども、占領戦が残りカルフェオンだけになってからというものの、全体チャットなどで「Nemesis」への応援を呼びかける人たちが多数現れたんです。それに答えるように実際の占領戦ログを見てたら…たくさんの人達が「Nemesis」を応援していたんです。



占領戦は戦うギルドだけのものって思っている皆様。

大混戦になった時の最後のひと押しは、全プレイヤーが気軽に出来る「応援」コマンドらしいですよ。

Vサーバーはただでさえのんびり・まったり傾向のプレイヤーが多く『占領戦は戦闘に巻き込まれるのが嫌だから無関心・もしくはその時間帯はプレイしない』と考えている方が多いのかもしれませんが、戦闘しなくても占領戦に参加しているギルドの命運を握れるんです。

ということは…今後、占領戦を本気で勝ちに行くギルドは、普段の行いとかも加味されて支持されるということでしょうし、『ここに支配されたくない…けど、何か抵抗したい…』という人は、必ず占領戦中はゲームにログインして「応援」することによって意思を示すことが出来るシステムだと言えるのではないでしょうか。占領戦はいろいろな意味で活発化させるコンテンツだったんですね。俺はてっきり戦闘中のバフだけかと思ってたんだけど。

今後も俺は、ギルドに参加するかどうかはさておいても、占領戦の動向はチェックしようかなと思います。PCスペックがへっぽこで大規模戦闘ができなくても関与することができそうだから。そして何よりも面白そうだから。




さて。面白そうといえば…

【イベントV】クロン城沖~イリヤ島を船で繋げよう【本日開催】

http://service.pmang.jp/blackdesert/bbs/posts/114155?category=1


この後21時から、Vサーバー4chにて船をつなげてイリア島まで橋にするイベントが行われるようです。

俺はこれまで船は全く触ってなかったんですが、

いかだ

こうやって文章を書きながら裏で労働者を働かせて何とかギリギリにいかだを作ることができました(汗)。
前回見に行った時は漁船でも渡し船でもイカダでも馬車でも参加していた方がいらっしゃったので…たぶん大丈夫だよね…? 
黒い砂漠に関してはこのぐらいにしておきます。それではまた。
スポンサーサイト

【黒い砂漠】 ご無沙汰だったけど6月中旬~下旬のまとめ(前半)

みなさんお久しぶりでした、秋月です。

前回からかなり間が空いてしまいましたが、まずは今現在も行われている運営イベントなどについていろいろと。
日時古めのものからとりあげるので今更な感がありますが、お付き合いいただければと思います。



まずは…

馬イベント

http://blackdesert.pmang.jp/notices/102より


イベントスタート直後、馬を捕まえるために必要とされている黒砂糖の塊を使うとゲームが切断されるというトラブルがありましたが、現在は修復されています。

期間中に自分の所持している馬のレベルに応じてアイテムが貰えるということなんですが…

馬イベ02

馬スキル変更券はちょっと欲しいなぁ…。

もうひとつ。
期間中に2回以上交配を行ったプレイヤーの中から、抽選で各サーバーごと5名に4世代馬がプレゼントされるとのことですが、こっちはなぁ…それほど必死こくよりは馬を育てていればいつの間にか抽選機会に恵まれるということなんじゃないかと思ってます。

それもあるからか、6月17日のアップデートでは調教経験値20%アップの乗馬服アバターも発売されています。これは正直ちょっと欲しい…けど、結局どのキャラクターで馬を育てるか迷ってる状況なので、キャラごとで固定だと使いづらいかな。また乗馬服の他にも羽がモチーフとなっているカバロ衣装セットも販売されています。



また、6月20日からは…

貿易ラリー

http://blackdesert.pmang.jp/notices/105より


ログインイベント「貿易ラリー」がスタートしています。C9でも行われていたもので、ゲームにログインしてから、HPの貿易ラリー特設ページにアクセスしてボタンをクリックするというかなり忘れがちなやつですな…w
事実俺も何日か忘れてまだ8日分ぐらいしか押せてません。
10日目でプルナドグローブ、20日目でプルナドシューズ、30日めでプルナドアーマーというアバターが手に入る仕組みになってますが、俺としてはこっちもいいけど未知の染色剤Boxが嬉しいです。

そしてもうひとつ。
6月17日には占領戦についてのアナウンスがされ、昨日6/27(土)占領戦が再開されました。
これについては後半で。

【黒い砂漠】 ヴァルキリーに触れてたら、いろいろと滾ってきた。

みなさんこんばんは、秋月です。

黒い砂漠も気にしてましたが、ここんところはとあるゲームに振り回されっぱなしでした。その顛末をココで書こうかなと思ってたんですがテンションが二転三転してましてね…。

システム、目の付け所、今後の集客などを考えるとしばらく楽しめそうだなと思ってたんですがゴタゴタがひどすぎてですね…。それでもまだそのゲームのことが気になってるという。
こんなことをブログで言うのもアレなんですが…俺、それほどMじゃないと思ってたんだけどなぁ…。

もう結論出しても良さそうな気はしてますが、それでもHPで緊急に改善すべきと考えているところを表明していたので、それが本当の言葉なのかどうか見極めてからでもいいかなと考えもうちょい我慢しようと思ってます。ブログで本格的にとりあげるのはそれからかな…と思ってたのでしばらく更新しませんでした。



他のゲームに熱中している間にも、黒い砂漠はいろんな動きがありました。
まずは…

ヴァルキリーの広告

http://blackdesert.pmang.jp/info/update/valkyrie_update/index より


ヴァルキリーですよ。

元々キャラ枠は埋まってて今後実装される予定の職業が増える度に新たに買おうと思ってましたが、今は2つ増やしました。ブレイダーや男版レンジャー早く来てくれー! つーか男版ソーサレスマジで欲しいんですけど……。

ただし、実装されてから2日ほどキャラメイクしてましたので…実はまだハイデル付近なんですけどね!
ちなみに2日と言っても最初は夜のテンションでいろいろいじくってて、その後一旦寝て気持ちをリセットさせてから改めて調整したので時間としてはそれほど掛かってません。

コンセプトは…「地味なんだけど魅力的」
顔だけじゃなく体型もちょっと頑張った…つもりです。
ヴァルキリーキャラメイク01

ヴァルキリーキャラメイク02

ヴァルキリーキャラメイク03

ヴァルキリーのキャラメイク04

キャラ選択画面とか遠目に見えるゲーム内だとちょっと年齢が上に見えちゃうなーと思ったりもしますが満足してます。今の俺にはココが限界点かな。キャラメイクって本当に難しいわ。



まだちょっとしかプレイしていませんが使う武器が刺突剣と盾ということで、プレイ感覚としてはウォーリアに近いものの若干の違いはあります。攻撃モーションの後にむりやり盾で防御するモーションを割り込めたウォーリアと違い、ちゃんと攻撃と防御するタイミングを考えたほうが良いと思いましたね。

あとね、ココからは本当に個人的な感想です。まずはシールドストライク(右クリックでの盾攻撃)。

エルボー

ウォーリアは左腕を一度引いて肘を回すような当て方で、しかも盾の面を当てるような攻撃のしかたになってるんです。ヴァルキリーも左腕で盾を持ってるんですが、盾の横の縁でぶん殴ってる風に見えるんです。ウォーリアよりも肘で攻撃してるように見えます。しかもクリック維持で三発目の攻撃が一回転してからなんですよね。


そして。パニッシュメント(Eキーの投げ技)。

エメラルドフロウジョン01

あんま上手く撮れてませんが(苦笑)、技の始動はわかっていただけるかなと。
ちょうどプロレスで言うボディスラムに捉える感じなんです。
で、ウォーリアの投げはどちらかと言えばここから相手を背中から落とす感じ。ヴァルキリーの投げは抱えるところまでは似ているんですが、相手を頭から真下に落とす感じに見えるんです。



…すごいまどろっこしい説明になってますね。じゃあぶっちゃけましょう。



ヴァルキリーのシールドストライクがローリングエルボーに、パニッシュメントがエメラルドフロウジョンにしか見えないんですよッ!!!
(↑一種の病気だと思ってください。) 




奇しくも6月というのはローリングエルボーとエメラルドフロウジョンをフィニッシュホールドとしていた三沢光晴の誕生月であり祥月。その6月にヴァルキリーが日本に登場したのは何かの縁なのか…。(※俺の妄想です。)

だったらもう、使うしかねえよ! というわけで別方向からもまさかの思い入れ入りまくりです。ヴァルキリーを動かしている俺の心の中ではスパルタンXが流れまくりですよ!(←バカ)
(ちなみに、ヴァルキリーの造形のモチーフもプロレスラーって言ったらそうかもしれないのは内緒。)



話がいろいろと脱線してしまいすみませんでした。大して黒い砂漠のことについて言ってねえじゃねえかと言われればそれまでです。
まさか自分のヴァルキリーに対する思い入れだけでこんなに長くなっちまうとは(汗)。
その他のアップデートや追加要素についても思うことはあるんですが次回にまわすことにします。それではこの辺で。

【黒い砂漠】 最後まで見ちゃった、『黒い砂漠』公式ニコニコ生放送 2回目について。

こんばんは、秋月です。
さっきまで、「黒い砂漠」の公式プロモーション生放送が行われていました。

前回の放送時にも少し話題になってたのですが、今回はオープンサービススタートからおよそ3週間ほどやっていたキャラメイクコンテスト「俺の嫁選手権」の最終選考がメインになるという話でした。

キャラメイクにこだわれるゲームだと、最近はこういったキャラメイクコンテストを行うゲームが幾つかありますが、「俺の嫁選手権」はちょっと他と違っててですね…。

http://blackdesert.pmang.jp/info/evecam/orenoyome

※すでに応募締め切りも終わり優勝者も決まったコンテストですので、いつのまにか消える可能性があるページだということはご了承ください。


こういうオープンサービスと同時に行うイベントって、普通は、優秀な成績を残した方々にゲーム内の非常にレアで有意義なアイテムをプレゼントするものだと思ってました。

ところが「俺の嫁選手権」ではゲームの内容にほとんど関係のない物が賞品となると。
しかも最優秀作品には等身大フィギュアって…この発想は正直凄いですわ。讃えられるが、それでゲーム進行の有利不利に差がつくことが殆どないというこの賞品がね。
俺も今年セインツロウ3をプレイしてからキャラメイクの面白さに目覚めたとはいえまだまだひよっこなのでね。応募なんてとてもじゃないけどできませんでした。



その、「俺の嫁選手権」の選考はこんな感じでした。

候補者1

候補者2

キャラメイク選手権 優勝者は?

優勝者

まずは入賞された皆様、おめでとうございます!

まさかというか、やっぱりというか…。
ああいったその場のノリで決めるなら、こういう結果になるかもなとは覚悟はしてました…が、真面目な話優勝されたウォーリアの方の眼力はいい感じでした。コンセプトとアイデアも面白かったし。
ジャイアントは本戦には残りませんでしたが…それはまあ、うん…(無言)。

個人的にびっくりしたのは、この方。

お気に入り

オープンサービス開始当初はリトルサマナーとかレンジャーとかのキャラメイクはかなりツイッターでも見かけました。
一方でソーサレスは思った以上になく…。
でも信じてましたよ。ソーサレスにもポテンシャルがあるということを!
デフォルトからしてエロ姐さんな感じ(※個人の感想です。)のソーサレスが、ここまでかわいくなるとは思いませんでした。

俺もキャラメイクではひと通り触ってみたんですが、実は何気に女性3キャラってそのままでも意外と魅力的なんですよ。まあ国の違いというやつで、本国・韓国で言う流行りの美人顔な感じは否めませんが。
ただ、凝ろうとすると途端に難易度がバカ高くなりまして。俺も何時間苦悩したかw
途中で結局どんな感じで作ってたのかがわからなくなったりして審美眼がずれてくるんですよね。

(ホントは、ツイッターのアイコンとかブログのプロフィール欄とかも黒い砂漠のキャラに変えようかと考えているのですが、メインキャラのErnestに単純かつ重大なキャラメイクミスがあったことに気付いて以来キャラをアップで撮るのにためらってます。ブログも後ろ姿が多いのはそのため…w いずれキャラメイクはやり直したいと考えていますが、もっとキャラクター作ってからエステ券(30日)を買おうと思ってます。)

っていうかそもそも…男キャラクターももっとバリエーション増やしてくださいよ!



その後は、教えて麥谷さんの…じゃなかった、ココが知りたい黒い砂漠のコーナー。

今回は家についてでしたね。俺は既に施設はいろいろと利用しているので、おさらいみたいな感じで見てました。

確かに…

ハウジングイベント

http://blackdesert.pmang.jp/notices/94


ちょうどイベントやってんだもんね。
ちなみに、今回のイベントはてっきりハウジングスコアを競うものだと思ってましたが、一定のポイントまで到達すれば全員がアイテムを貰えるということです。



そして、新情報公開のコーナーへ。ただその前に…麥谷さんのCMフリ。

「黒い砂漠」公式生放送では、1回めの時から短いCMがちょこちょこ入っているんです。今回もすでに2回ほど挿入されてたので、「ああ、またか」と肩の力を抜いてみてました。

しかし…。

ヴァルキリー01

ヴァルキリー02

ヴァルキリー03

ヴァルキリー04



いつものキャラメイクバージョンか女優さんのショートバージョンCMかと思ってましたが、
完全に不意をつかれました。しかも来週じゃん! 

ということでここからはヴァルキリーの紹介コーナー。

ヴァルキリーのキャラメイク

ヴァルキリーの動き

ヴァルキリーは刺突剣と盾を使うキャラでウォーリアの女性版なんですが、見てた限りではウォーリアよりも射程が前気味で、横に対する攻撃はウォーリアのほうが有利な気が。
しかし、スキルに自己回復があるので細々とポーションを持って歩かなくても良さそうだと思いました。

最初は『また女キャラクター増えんのかよ…いいかげんブレイダーとか、噂されてる男弓使いやりてえなぁ…orz』なんて思ってたんですが、見ているうちにね、ツボりました。おさげが(爆)。
いよいよキャラ枠拡大する日が来たかな…?

そして麥谷さん、最後には「夏休み入る前ぐらいには大規模アップデートを行います。」と発言。
結構な重大発表だと思うんだけど、これ。
麥谷さん、放送でがっちがちなのかそれとも元々穏やかな性格の方なのか…淡々としすぎwww
今後もたぶんこういうノリなんだろうなぁ。



今回の公式生放送、実はそんなにじっくり見るつもりなかったんですが、俺の嫁選手権にエントリーされてるみなさんの実力が凄かったのと、佐藤さん・榊原さん・麥谷さんのやりとりがなんとなく気になってるうちにヴァルキリーの情報が入ってきたりで、結局最後まで目が話せませんでした。

とりあえず来週までにはキャラ枠を増やして、ヴァルキリーの実装を楽しみにしてます。今回はこの辺で。

【黒い砂漠】 占領戦という名のお祭りを見に行ってみた。

こんばんは、秋月です。

農園のフェンスの表記バグが直ってからというもの、またニンジン農家やってました。

最初は普通のニンジンの種1つだけだったところから、ようやっと特級ニンジンを量産できる体勢に。
ここまで結構時間かかりました…が、実はほとんど放ったらかしです。

最初に肥料を5袋ぐらい、川から汲んで来た水を5本ぐらい撒いたら、たまに絡んでるやつとかを直したり地下水の含有量が減ってきたらまた水を撒いたり。後は画面見てません(苦笑)。

必ずキャラクター一人は農園付近で張り付かせてます。ちょっと前まではウォーリアのErnestの役目だったんですが…今はジャイアントのBoundyにやらせてます。
ホントはこの農園自体がBoundyのレベル上げのついででErnestでやろうと思っていたことなんですが…やっぱり貢献度がまた足りなくなってきたし、ワールドマップ埋めてないし、何よりもウォーリアのほうが戦闘していて楽しいので交代させることにしました。



しかし、昨日は農園はお休みしていました。というのも…占領戦を見に行きたかったんです。

黒い砂漠におけるギルド同士のメンツを賭けた戦い。
ギルド所属しているわけではないので詳しくはわかりませんが、大雑把に説明すると…

まず、参加するギルドは事前に城砦を建てなくてはならず。
(※昨日は占領戦の途中から参戦したギルドがいくつかありましたが…。拠点立てるのと占領戦に参加すると宣言するのは別なのかな?)

2時間の開催時間中に自分たち以外のギルドの城砦をすべて破壊したら勝ち。勝ったギルドはそこの地域の領主になれます。今回はバレノス(オルビア・ベリア付近)とセレンディア(ハイデル・グリッシー村付近)とカルフェオンの3つの地域の覇権を争う戦いでした。
領主になったギルドは、そこの地域全体から税金を取ることが出来るとのこと。最初はギルド戦ってやりたい人たちだけのお祭りかなと思ってたんですが…税金は何気にバカになりませんよね。リアルでもそうなんだから。

これでもし仮に自分たちの意にそぐわない政策を取るギルドが領主になったとき、ギルドに参加していない市井の人々はただ従うだけなのか? コレ、ギルドに参加していない人達でもあれこれ介入できたら面白いなぁ…なんて考えてました。


加えて、俺のPCで果たして大規模戦闘コンテンツに参加できるかどうかというのも気になってました。

今までは普通にプレイする時はグラフィック設定・LOWで。他のことをやりたい時など負担を最小限にしたい時は最適化モードと使い分けてましたが、一番ゲーム内で負担が掛かると思われるところでどこまでやれるのか?という実験をしてみたかったんです。

…あとは野次馬根性ってヤツです(苦笑)。
何と言っても占領戦は1ch限定で、非戦闘地域全域でPVPし放題・しかもデメリット無しという。このシステムにあやかっていろいろとやる人たちもいるだろうなぁ…なんて思いつつも、チャンネル限定しているということは、好きで見に行くこっちが悪いんでね。占領戦中はヤラれたらしょうがないかなぐらいの気持ちで行きました。

※ちなみに俺はPVPは「ヤりたい奴ら同士で、ヤられたくないプレイヤーを巻き込まずに、ヤる」ならいいんじゃない?と思っている派です。俺はMO・MMOではほとんどPVPはやりません。
無抵抗・PVPに否定的なプレイヤーを攻撃するPKに関しては、ヤられる側が比較的簡単に対処できるシステムがあるならまだしも、基本的に否定のスタンスです。




占領戦が始まってからはそれこそマップ内を徒歩でうろうろしてました。一応デメリット無しということでしたが、万が一俺の大事な馬たちが巻き込まれたら嫌だったんで。


それにしても…まーラグかったわぁ…。


本来は金曜日に占領戦に向けてのメンテナンスが行われる予定だったのですが、定期メンテナンスやその他のちょこちょこチャンネルごとでやってるメンテナンスである程度対策できたとのことで結局行われず。
それでも人が集まってるところは露骨に巻き戻り現象が起こりましたね。逆に言ったらそういうところを探しに行けば戦いの真っ最中だったんですが。

ちなみに全体チャットをチェックしてましたが、ラグかったのは1chだけだったらしいです。
何でも、韓国では7月のグランドオープンではサーバーを統合するようなんですが、日本のグランドオープンの前にせめてサーバーを増強してからのほうがいいんじゃないかな…。


そのラグがひどい中、俺も何とか戦場に潜り込むことが出来ました。
草むらからこっそり

つっても、砦のすぐそばじゃなくて衝突が起こってるあたりなんですけどね。
最初は見つかったら即逃げていたんですが、だんだんSS撮る心の余裕も出てきた…と思ってたら、

巻き添え

はい。
この時たまたま別の操作しながらだったんで、気付いた時には逃げられず。

下手に俺がしゃがんでてキャラ名などを見えなくしてたんでね。俺もあなただったら同じようにヤってますから恨みは全くございません。むしろ邪魔してごめんなさいと。



…とまあ、賑やかしにいって騒ぎに巻き込まれるというお約束も体験したところで占領戦は終了。

結果は…三つの領地すべてにおいてドロー。しかもドローと言っても惜しいというには程遠くかなりの城砦が残りました。
2時間の制限だと、参加ギルドが多いと結構しんどい気がしますね。領主になったギルドは名誉も手に入れられるだろうなって思いました。


占領戦が終わった後、全体チャットはいつも以上に賑わってましたが、今回の占領戦の影響で何気に戦争特需が発生してたとのこと。

城砦や大砲、砲弾やバリケードなどを作るために必要な素材とかは売れるだろうから占領戦前はあるなと思ってましたが、
占領戦のまっただ中ですら物資が足りなくなってポーション系がバカ売れしてたみたいで…。
準備に手間とゲーム内マネーを目一杯使って真面目にやってるギルドの人達にはちょっと申し訳ないけど…外部のプレイヤーからしてみたらお祭りみたいなもんですな。これ。



今の黒い砂漠、ある程度安定はしてきたものの、まだまだサーバーは強化してもらいたいもんです。
あと細かいところを変更・追加していただきたいなぁ…なんて。それについては機会があったらまた書きます。
とりあえず今日はこの辺で。

日本のMOBA系ゲームについて、思いの丈をつらつらと。

こんばんは、秋月です。

前回の記事でブログの文章を書いていたら停電でロストしちまった、ってところまではお話してましたね。

この時、前半の黒い砂漠のところまではバックアップ取ってたんです。

で、停電復帰した直後はどんなんだったか思い出して書こうと思っていたのですが…全然思い出せずorz
だからといってしょげてるだけじゃもったいない、と思い停電トラブルの話を元々バックアップ取ってたところにくっつけたというわけです。

バックアップしてなかったところというのは、MOBAについてあれこれ書いていたところだったんです。今回はちょうど良い機会なので、思い出しながら書いていこうと思います。



俺がMOBAというジャンルのゲームを知ったのは…2013年あたりだったと記憶しています。

リーグ・オブ・レジェンド(以下LoL)なるゲームが世界中でブームだと。

これまで英語のゲームはいくつかプレイしていましたし、LoLはすでに日本でも楽しまれているので有志のみなさんによる解説ページも豊富だったのですが、感覚でもプレイできるゲームとは違い、考える必要があり、なおかつ初めて触れるジャンルのゲームだったのでちょっと躊躇していたところでした。



そんな中、日本でもMOBAの要素を持つオンラインゲームがサービス開始されると聞いたのが3月頃。
それがカオスヒーローズオンライン(以下CHO)でした。

CHOはオープンβテストからプレイしてました。
最初20キャラ使用できたものの、見た目で選んでみたエルシドは難しすぎて×。アルカラスもよくわからず。
エルディンは自分にばかりヒールしてて攻撃できず。レオニックは分身を思うように動かせず…と、
どれを使ったらいいのやらという状態。
じゃ後は女キャラしかいねえじゃん…としょげつつ何とかコイツなら行けるか? と思ったのがグルル。です。

それでもCOM戦ですらボッコボコにされる日々。毎日1回COM相手にフル参戦して、その後やっぱり一人でCOM戦であれこれ試してっていうプレイをかれこれ3ヶ月以上。

やっぱり全然上手くならない。…ハイ、
俺にはこのゲームをやるセンスが無かったようです。


しかし、アンインストールしませんでした。他のことやっててもたまにちょっとだけプレイしたくなるっていう。
自分で1キャラの特性を調べつつ試行錯誤してたことが多かったんですが、それが楽しかったんですよね。
(↑※MOBAの本来の楽しみ方の流れからおもいっきり逸脱した行為というのは、自分でも理解しています。)



あと、このゲームと言えば遠藤峻亮プロデューサー。

放送者と視聴者との迅速な相互コミュニケーションが図れるニコニコ生放送において積極的にプロモーションを行ってました。
1回目の放送では「俺はみんなより一番MOBA知ってるぜ」っていう態度だったのが実はハリボテ(苦笑)で、
ろくすっぽゲームでまともに動かせなかった俺のほうが知ってるわ!と思ってましたが、2回めからの放送で何と「逆に知っているみんな、教えて!」というスタンスを取って視聴者と積極的にコミュニケーションを取りに来たのは衝撃的でした。

その後もニコ生の放送を大事にして新たな発表をする時は必ず放送したり、プレイヤーとみんなで楽しもう! いろんなことを決めていこう!っていう気概にあふれてました。


…しかし、その愛情を歪に受け取った一部がアレやコレやソレな(←※ココで書くのが憚れるぐらい陰湿な行為をしだし、

うまい人は、孤高の存在。

(俺のような)腕の違いでついていけなくなったプレイヤーは、脱落していき。

新規プレイヤーは、一部の上から目線な古参に性処理の道具の如く無残に食い散らかされ。

さらに、意見のつもりが通報により暴言扱いにされることが多発し、誰も気軽にチャットできなくなり…と、連携が大事なはずのこのジャンルにおいて「コミュニケーションって何だっけか?」と言いたくなるような状態に。

これじゃ、人入ってきても続かないわ…。で、人がいなけりゃマッチングがまともに機能しないっていうね。
世界中でサービスが展開されているLoLと比べるのはナンセンスなんですが、いつでも人がいると考えたら何とかLoLの方に行こうかっていう気にはなるよね…。


トドメさしちゃったのは、2014年7月かな。

定期メンテナンスで致命的な仕様が見つかり、1ヶ月のサービス中断。
定期メンテナンスで見つかって良かったことは良かったんですが、この時は正直ツイてねえなぁ…と思いましたね。

更にその後の運営チームの路線変更(陣営別→陣営自由選択→やっぱり陣営別)と、バフ付き巨大MOBが追加されるなどの新たなゲーム性の追加。サービス再開明け直後にそれだったから、もう俺は完全についていけなくなっちゃいました。


そして、2015/5/27を持ってセガが運営権利を手放し、代わりに韓国のSESISOFTが日本運営も行うことになりました。
それが6/2から。
http://jp.chaosheroesonline.com

公式アドレスは変わってますが、HPを見る限りセガからいろいろと譲ってもらったようです。
韓国のみなさんがわざわざ自分たちで日本の運営を面倒見ますっていう気持ちは素晴らしいんだけど…ローカライズはちゃんとやってくださいね。「(HP内の文章では)ヒーロー」なのか、「(バナーでは)英雄」なのかバラバラだったので…。


いろいろ他人事のように書いてきたけど、
プレイしていた俺にも責任はあったわけで。

俺がもう少し積極的にコミュニケーション取ってけば…とか。暴言扱いされるのを恐れず声を掛けてみれば…とか。でも、できなかったな。

今、黒い砂漠内でもそうなんですけど、けっこう適当に自由に振る舞いたい・縛られたくないっていう気持ちと、誰かと協力したいっ誰かのためにプレイしたいていう気持ちが常にせめぎ合ってて。

ホントは積極的に全チャで発言とかすりゃいいんだけど何かビビってるっていうね…。
ここ何年かで、ネット上で発言するのにためらっちゃう、いわばコミュ症になっちゃったかもしれません。
大航海時代オンラインと同じぐらい自由度の高いゲームをプレイしているのにもかかわらず…人の目が気になってしょうがないというか。
ここもこれから克服していきたい、今後の課題です。



ちょっと話が脇道に逸れちゃいましたが、本編へ。
CHO以外に俺が触れてみたMOBA系についても話したいことがあるんです。

まず、2013年にはもうひとつ正式サービスされるんじゃないかと思われたMOBA系のゲームがありました。

上から見下ろしではなく、TPS視点で俺がプレイしているC9とほぼ一緒。

これなら違和感なくプレイできるかも、と思いオープンβテストに参加してみたんですが…。
俺の遊んでみたキャラがそうだったのか、それとも全体的にそういうバランスだったのかわからないんですが、
アクション性があまりに高いせいで、『戦略よりも自分のテクニックで何とかするゲームなのか…?』と思ってしまいました。
でも正式サービスまでに調整してくるんじゃないかなと思っていたら…正式サービス前に開発中断。消滅しちゃいました…。



そして、2014年。この時CHOはまだ流れがあった頃でした。
それに待ったをかけるように現れたゲームが。

試合時間が最低20分・最長50分のCHO。LoLはケリがつくもしくは降参するまでずっと続くということで、この手のゲームは相当時間的余裕がなければプレイできません。
プレイはリアルタイムなので、トイレに行くとか、会社から電話がかかってくるとか、家族が病院に運ばれるとかがあったら中断せざるを得ないんですが、それだと味方に迷惑がかかっちゃう。これがMOBA系の最大の弱点だと思っていたのですが…なんと、プレイ時間平均15分。長くても20分前後で収まるライトな試合展開を売りにしたゲームがサービス開始しました。

俺も、これならあまり時間が取れない時でもやれそうだと思いプレイしてみたのですが…致命的な欠点が。

このゲームは、ゲーム内で使用するアイテムを事前に幾つか選択しておいて、それのみを利用してゲーム内で戦っていくというシステムでした。

しかし、オープンβテスト時にプレイヤー全員に配布されていたアイテムが、HPポーション、MPポーション、武器、防具、視界確保アイテムのみ。
実際にゲーム内には12アイテムを持ち込むことができるんですが、後はゲーム内通貨かリアルマネーでガチャで回して獲得してくださいという、頭にウジが湧いてんのか? と言いたくなるようなシステムだったんです。

某プロデューサー(←名前も顔もしっかり覚えました。あなたの関わったゲームは今後プレイするとき慎重になります。)がインタビューで語った言葉は衝撃的でした。
確か…「アイテムを揃えるのもゲームの戦略性の一つ」とのたまっておられましたよね?


初期状態でMOBAの基本中の基本となるアイテムである、移動速度アップのブーツすら無いというのはどういうことですか?

それでプレイヤーから苦情が出たら、正式サービスの時にはブーツを入れて、こっそりMPポーション抜きましたよね??

戦略性っていうのは、いろいろな選択肢から選べるから戦略性っていうんじゃないんですか???

必要最小限のアイテムすら満足に渡さず、アイテムを揃える時すらランダム性を持たせることが戦略性だと?????



( ゚д゚)、ペッ 

プレイヤー、舐めてんだろ? ヘドが出るわ。

このゲームは、正式サービスでその仕様を確認してから即アンインストールしました。




時は流れて2015年。

そういえばあのゲームどうなったんだろうな…と思い、検索してみたら…

サービス終了してました。CHOより寿命短かったです。

色々と賞金付きイベントやったり声やイラストに運営資金使ってたっぽいけど…。回収できたのかな???(←皮肉) 



まあサービス終了したゲームなんで実名あげてもいいかなとは思ったんですが…調べればすぐに何というゲームだったかわかると思います。本当に、2014年はとことんプレイヤーを舐めきったゲームが多すぎてですね…。今思い出しても腹が立ってくるっていうか。オンラインゲームの興味が完全に萎えきった年でした。

それが次の年の2015年になったら黒い砂漠が来て、これまで日本で何とか定着させようと思って頑張ってきたこれらのMOBA系の欠点を何とか解消しようとしてるLoVAが出てきたんですから…そりゃまたオンラインゲームに期待したくなるってもんですよ。


…さて。当初書いていた分量を大幅に超えてしまい、内容もちょっと過激になってしまったんですが。
さすがに日付変わったからメンテナンスは終わったのかな?



状況変わらず、と。(6/5 1:30現在)



ま、まだね…大目に見ますよ。だってオープンβテストだもん。

でも確か、6/5って公式生放送第一回目予定されていなかったっけか…。公式生放送一発目の一言目から謝罪か…? 
しんどいだろうな。

とりあえず俺は寝ます。それではまた次回。

拾いたいところで拾えたんじゃなく、拾いたくないことで拾ってしまった…。

こんばんは、秋月です。

ココ数日間ブログの記事を更新してませんでしたが、「黒い砂漠」でやってたことがあまりにも地味すぎてネタにすらならなかったんです…(苦笑)。

wild horse festaは、初日でたまたま持っていた3頭の♂とつがいに出来そうな♀が3頭揃ってくれたので、その後は特に参加することなく、あとはひたすら倉庫整理。どこの街の施設を使って倉庫を広げるかとかどこに何を集中させるかなどを考えてました。
こっちは今後も随時調整しなくちゃならないと思ってます。

そして水曜日のメンテでいつの間にかフェンスの文字化けが直ってました。

真ん中の表示

前は画面真ん中のフェンスの名前表示が完全にバグってたんです。それも前回ちょうどブログの記事を更新した後ぐらいのタイミングで。せっかく農園の場所を確保したと思ったのに…。
確実に直るとは思ってましたが、もし修正タイミングで何らかのトラブルが生じたら嫌だったのでこっちも最小限の被害になるようにしていたのですが、特に何もなく早めに直してもらって助かりました。

でも農園もまだ試行錯誤中ですね。最初はベリアでいいかと思ったものの今はハイデル近辺に置いてます。
フレンドさんたちはすでにカルフェオンに拠点を移したりしてるようですが、俺は俺でマイペースで行くつもりです。



さて。
今日はコレをプレイしようと思ってました。

LORD of VERMILION ARENA
http://lova.jp/member/

世界中でブームを巻き起こしている対戦型RTS(MOBA系)のゲームらしいです。

それで今日は、いろいろ片付けた後はこっちを触ってみようかなと思ったのですが…

メンテだそうで

http://lova.jp/member/article.php?no=98#20


メンテだそうで(汗)。しかもメンテからおよそ2時間経ってもまだメドが立っていない。

じゃ、ブログでも…と思い記事を書いていたら、停電。_| ̄|○ il||li

すぐに復帰したかと思ったら、今度はDVDドライブの調子がイマイチで。('A`)

こっちは何回か再起動したら問題なく動いたのですが、いろいろと重なってるなぁ…。



いろいろあった後LoVAのHPを見てみたら…新たなお知らせが。

障害検証

http://lova.jp/member/article.php?no=99



( ゚д゚)ポカーン

……言いたいことはかなりあるんですが、飲み込みましょう。オーブンβテストですから。





と、いうことで…。

結局・・・

また「黒い砂漠」に戻って、農園の近くで最適化モードにしつつコレを書いていると(苦笑)。
今日、これからどうしよう…^^;
…そうだ。さっき消えてしまった文章を自分でサルベージしてみましょうかね。というわけでこの辺で。
プロフィール
Author:秋月 時影

秋月 時影



一度自分にリセットを掛けたんですが、どうやら俺の根底にあったのはプロレスとジョジョだったようです。
その他の趣味は…今見つけてる所です。詳しくは@AkidukiJieiまで。

カレンダー
05 | 2015/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
Archiveα+Daycount
カテゴリーメニュー
カウンター
相互リンク
最新記事
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

※ このブログにおけるすべてのゲームに関しての著作権は、各メーカー・運営元・開発元へ帰属します。


・PCゲーム


黒い砂漠

http://blackdesert.pmang.jp/

©PearlAbyss Corp. All Rights Reserved. ©GameOn Co., Ltd. All Rights Reserved.


LORD of VERMILION ARENA

http://lova.jp/member/

© 2014-2015 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.


C9(Continent of the Ninth)

http://c9.pmang.jp/

(ゲームオン公式サイト)

http://c9.hangame.co.jp/

(ハンゲーム公式サイト)

(c) WEBZEN, Inc. All Rights Reserved. Licensed to (c) GameOn Co., Ltd.

© NHN PlayArt Corp.


サミー777タウン

http://www.777town.net/

© 2005-2015 Sammy Networks Co., Ltd. All Rights Reserved.


大航海時代 Online

http://www.gamecity.ne.jp/dol/

(C)コーエーテクモゲームス All rights reserved.


カオスヒーローズオンライン

http://jp.chaosheroesonline.com

(C)NEOACT CO., LTD. All Rights Reserved. Published by SESISOFT


※2015/5/27までは株式会社セガゲームスが運営。


Saints Row 2

http://www.saintsrow.com/

(C)2008 THQ Inc. Developed by Volition, Inc. Saints Row 2, Volition, Inc., THQ and their respective logos are trademarks and/or registered trademarks of THQ Inc. All Rights Reserved.


Saints Row: The Third

http://www.saintsrow.com/

(C)2011 THQ Inc. Developed by Volition, Inc. THQ, Saints Row: The Third, Volition, Inc. and their respective logos are trademarks and/or registered trademarks of THQ Inc. All Rights Reserved. All other trademarks, logos and copyrights are property of their respective owners.


・コンシューマーゲーム


サカつく プロサッカークラブをつくろう!

http://www.sakatsuku.com/2013/

©SEGA LICENSED BY J.LEAGUE Stats Stadium The use of images and names of the football players in this game is under license from FIFPro Commercial Enterprises BV. FIFPro is a registered trademark of FIFPro Commercial Enterprises BV.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
QRコード
QR
最新トラックバック
ルミガンって美容液? 無料サンプル、ブログライター、ブログで口コミプロモーションならレビューブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。